咳と痰のブログ

Cough& Phlegm Blog

新型コロナウイルス感染から身を守る~感染対策、手洗いのタイミング~

新型コロナウイルス感染の流行が懸念(けねん)される中、どう感染を予防すればいいのでしょうか?

ではどんな感染対策が効果的で適切なのでしょうか?いつもマスクが必要でしょうか?手洗いはいつすればいいのでしょうか?

ウイルスはどうやって人に感染するのでしょうか?

風邪をひくと鼻水やくしゃみ、咳、のど痛みなどを来たします。

風邪ウイルス※1は鼻水やくしゃみ、咳によって体外に排出されます。

 

咳やくしゃみで飛んだ「しぶき(飛沫)」は1~2mほど飛び散り、ウイルスを含む飛沫は他のヒトの鼻や口から吸いこまれて伝染します(これを飛沫(ひまつ)感染という)。

 

また一方で鼻水や咳、くしゃみで手に付着し、直接の接触、または間接的な接触(ドアノブ、手すり他)を介して伝染しま(これを接触感染という)。

ヒトの皮膚は感染防御に極めて強い防御壁であり、ウイルスは侵入出来ません。「目や鼻、口といった穴」から侵入するので、飛沫を吸い込まないよう鼻や口を防御(マスク等で覆う)し、ドアノブやなどを触れて汚染したら手指を洗うこと、不用意に顔を触れないように気を付けねばなりません。

飛沫感染予防はマスク着用 ~正しい着用~

 くしゃみや咳のある感染者はウイルスの含む飛沫(しびき)をばら撒かないよう咳エチケットを守りましょう。飛沫(ひまつ)はせいぜい2m程度しか飛ばないので、感染者より1~2m以上離れていれば感染の危険はほぼありません。近く(2m以内)※に、長時間※(新型コロナウイルスでは15分以上が目安)、また換気悪い閉鎖空間※で一緒にいると感染する可能性が高くなります。長時間不特定多数の人と閉鎖空間にいるような状況(満員電車や教室等)や感染者と一緒にいる可能性がある場合はマスク着用が大切です。必ず鼻や口(ウイルスの侵入経路)をしっかり覆ってください。

※新型コロナウイルス感染をしやすい3つの条件(:①換気の悪い密閉空間 ②
多くの人が密集③近距離での会話や発声(密接場面))を避けることが推奨されています。

 

いつ手洗いするの? ~正しい手洗い~


咳やくしゃみ等で体外から排出※2されたウイルスは環境に付着された後も数時間は感染性を保ちます。そのウイルスが直接ヒトに伝搬することがありませんが、手指を介してウイルスはヒトからヒトに伝搬します。すなわち環境表面からウイルスの主な感染経路は手指です。

 

多くの人が共有して使う場所や物には汚染されている可能性は高く、このような所に触れた後は、石けんで手洗い(15秒以上)、又は速乾性アルコール手指消毒しましょう。

外出先から(ウイルスを持ち込まないよう)帰ったら一番に手洗いをしてください。しかしその後に「ドアノブ」や「エレベーターのボタン」に触れるとまた汚染してしまいます。手洗い前にドアを開けておく、ビルの出入り口等に設置されている消毒液ボトルを利用する等の工夫が必要です。また「テーブルや机」は水拭き、「キーボードやマウス」は除菌ウェットシートなどでウイルスを除去してから使用することが勧められます。

これらは「言うは易し行うは難し」、これを厳守するのは案外とても大変です。少なくとも「手指を清潔に保つ」、「(目や鼻、口のある)顔に手指が不用意に触れない」よう気を付けてください。※手洗いは洗い残しのないように15秒以上かけて下記の手順で行ってください。下記の動画は歌いながら楽しく正しい手洗いの手順を覚えられるのでお勧めです。

あわあわ手あらいの歌 https://www.kao.co.jp/bioreu/hand/song/ (50秒 下記にリンク)

※下記動画は病原微生物がどう感染を拡げていくのかを理解できお勧めです。

飛沫感染と接触感染のY-tube動画:https://youtu.be/cr_kxgfusXw (31秒 下記にリンク)

The journey of the germ :https://youtu.be/fmlyTvJGA54  (2分27秒 下記にリンク)

※1.風邪ウイルスとは?

風邪ウイルスという名前のウイルスは存在しませんが、風邪の原因はウイルスが90%とされています(ライノウイルス50~75%, コロナウイルス8~15%、インフルエンザウイルス5~15%、RSV5%、パラインフルエンザ5%、アデノウィルス<5%、ヒトメタニューモウイルス<2%、クラミドフィラ<2%、マイコプラズマ<3%)

参考資料
Makela MJ, et al. Viruses and bacteria in the etiology of the common cold. J Clin Microbiol. 1998: 36:539-42.
Heikken T, et al.The common cold. Lancet. 2003;361:51-9.
※2.コロナウイルスの感染経路

コロナウイルスは主に鼻水、くしゃみで排出されて直接(飛沫感染)、または手を介して間接的に感染(接触感染)します。SARSウイルスもコロナウイルスの1種ですが、まれに小粒子エアロゾルによる空気感染の可能性が示唆されましたが、新型コロナウイルスも密閉空間などの環境ではあるかも知れません。また糞便にも排出される可能性も示唆されており、トイレを流すときにウイルスが空中に拡散し周囲環境を汚染するのでトイレの蓋は閉めましょう。

参考資料

満田年宏訳・著 隔離予防策のためのCDCガイドライン. ヴァンメディカル2007.